転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

ヨドバシカメラに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

ヨドバシカメラ 転職 口コミ 事業内容

ヨドバシカメラの転職を検討している人、興味がある人向けにヨドバシカメラの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

ヨドバシカメラの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

ヨドバシカメラの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・年収は「250万円~600万円」
・基本給は1年で2000円しか上がらないという声もある
・残業代は分単位が支給される
・給与額を上げるには、ジョブブランクを上げていくこと肝心
キャリア・自己成長
・家電が好きな人にとっては楽しく働ける環境
・研修もしっかりしており、商品知識に関して念入りに教えられる
・朝礼時に、わからない商品の知識に関して共有がされる
社風・社員の雰囲気
・大手企業らしく堅実な雰囲気の会社
・安定を求める人に向いている
・社員同士の中は非常に良好
事業の評価
・知名度が高く、無借金経営であることが強み
・インターネット事業が上手くいっている
・品揃えが店舗によって差があるのが課題
・従業員満足度が低く、離職率が高いことなども課題
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・有給休暇は取りにくく、プライベートを充実させにくい
・店舗にもよるが労働時間も長め
・シフト制であるため、平日休めることもある
子育て・女性向けの制度
・女性社員の割合はそれなりに高い
・体力的に厳しい仕事も多いため、子育てとの両立が難しい
・家電などが好きな人なら女性でもオススメできる会社

給与・ボーナス・福利厚生

年収は残業・賞与込みで「250万円~600万円」という意見が目立ちました。大手としてはそこまで年収が高いわけではありません。

基本給はあまり上がらないという口コミが多く、1年で2000円しか上がらなかったという人もいました。

残業は分単位で支給され、残業が多くなるとトータルの給与額が上がります。

給与額を上げるには、ジョブブランクを上げていくことが肝心のようです。

キャリア・自己成長

家電に囲まれて仕事をするため、家電が好きな人は楽しく働けるとのこと。

お客様に感謝の言葉をもらったり、顔を覚えてもらえる程常連になってもらったりしたときにやりがいを感じるようです。

研修もしっかりしており、商品知識に関して念入りに教えられます。朝礼で前日にお客様に聞かれて分からなかった商品知識の共有あるので、新しい知識が増えていきます。

やる気があり、そして家電が好きな人なら、今後のキャリアが広がっていくのではないでしょうか。

社風・社員の雰囲気

大手企業らしく堅実な雰囲気の会社のようです。業績が安定していることもあり、毎日コツコツと働き続ける人が多いです。

どちらかというと安定を求める人に向いていると思われます。新しいことにチャレンジしたい人には不向きかもしれません。

口コミを見る限り、社員同士の中も非常に良好のようです。

特にクレーマー対応をしていると、店員同士で連帯感が出るとのこと。

事業の評価

家電量販店の中でも知名度が高いこと、無借金経営であることが強みです。

最近ではインターネット事業が好調です。キャッシュレス決済のポイント還元キャンペーンの実施も多いです。

時代が変化しても、安定して生き残って行く会社であると思われます。

反面、品揃えが店舗によって差があるなど、課題もいくつかあります。離職率の高さや給与の低さを問題としている声も多かったです。

優秀な人が退職してしまうと、それだけで会社にダメージがあります。

今後は従業員満足度を上げていくことが課題となるでしょう。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

労働時間は現状長くなってしまっているようです。有給の取得率が低く、私用で取得しづらいとのことでした。

ヨドバシカメラに入社するなら、忙しいことは覚悟しておく必要があるでしょう。

シフト制であるため、土日働くこともある反面、平日休みになることもあります。

平日なら役所や病院も行きやすいので、それをメリットと捉える人もいます。

子育て・女性向けの制度

女性社員の割合はそれなりに多いようです。部署にもよりますが体力的に厳しい仕事も多いため、子育てとの両立が難しいとのことでした。

労働時間が長いこともあり、女性にとっても厳しいことが多いと思われます。有給も取りにくいと言われており、子供の学校行事のときなどに休めるかは難しいところです。

家電やパソコンが好きな方はやりがいを持って働いているとのことでした。

ヨドバシカメラの将来計画と事業展開

ヨドバシカメラは現在ECサイトである「ヨドバシドットコム」の運営に力を入れています。

顧客満足度6年連続1位の実績もあり、年々売り上げを伸ばしています。

ヨドバシカメラは社名からもわかるように、元々はカメラのみを販売していましたが、最近は日用品や食品も扱うようになりました。

今後は酒類、ファッション等のジャンルも揃えていくことを目指すようです。

ヨドバシカメラの今後の動向にも注目が集まりますね。

ヨドバシカメラの転職者向け求人情報・待遇

「ヨドバシカメラに転職したい」と思っている方向けに、求人情報を紹介します。

ヨドバシカメラで募集中の職種や平均年収、残業時間などについてみていきましょう。

募集職種

ヨドバシカメラが中途採用を行っているのは以下の職種です。

  • 物流スタッフ(正社員)
  • 自転車整備・販売スタッフ
  • 配送スタッフ 等

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:20万5,000円
  • 口コミでの年収:250万円~600万円
  • 転職サイトに記載の年収:400万円〜570万円
  • 全体の平均年収(四季報より):非掲載

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約36時間でした。

残業時間や休日日数は以下の通りとなります。

  • 残業時間:36時間/月
  • 1日の労働時間:シフト制(週実働40時間)
  • 年間休日数:週休2日制(月7~10日 交替制)、年次有給休暇
  • その他:特別休暇(結婚休暇・忌引休暇)、出産休暇、育児休暇、介護休暇

選考フロー

公式ホームページや転職サイトでは、選考フローを確認できませんでした。

一般的な企業と同様に、以下の流れで進むものと考えられます。

  1. webエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

面接までの間に「説明会への参加」「適性検査」などが追加される可能性もあります。

ヨドバシカメラの面接対策・質問の傾向

過去の転職者は「なぜ当社を希望したのか」「自己PRをしてほしい」などの質問をされていました。

特に変わった質問をされることは少ないようです。基本的な質問に対する答えをしっかりまとめてから面接に挑みましょう。

人手不足の会社であるため、合格はそこまで難しくないと推測されます。

落ち着いて普段の自分を出せるようにすることが肝心です。

ヨドバシカメラの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社 ヨドバシカメラ
本社住所
東京都新宿区新宿5-3-1
代表
代表取締役社長 藤沢 昭和
従業員数
5,000名
売上高
6,931億円
設立
1960年4月
上場
非上場

事業内容

ヨドバシカメラは、カメラや家電をはじめ、生活用品や時計、ゲーム、ブランド品なら、様々な商品を扱う総合販売店です。

以前はカメラのみを扱っていましたが、徐々に枠組みに縛れず多くの商品を提供するようになりました。

店舗は全国のターミナル駅前に構えており、誰でも気軽に立ち寄れるようになっています。新しい商品に出会える「楽しい店舗」を意識しているようです。

24時間いつでも購入可能な「ヨドバシドットコム」というECサイトの運営、電話で注文できる「ヨドバシテレフォンショッピング」サービスもあります。

家電量販店の中で知名度が高く、顧客満足度10年連続1位を記録しました。

企業理念

ヨドバシカメラが目指していること。
私たちの考えはとてもシンプルです。
お客様、街、メーカー、そして社会にとって「なくてはならない存在」でありたい。
業界トップに興味はありません。
お客様の期待を越え、もっとヨドバシカメラのファンを増やしていきたい。
それが私たちの願いです。

新しい価値ある商品をより安く、より多く提供していきたい
ヨドバシカメラというと「安い」「品揃えが豊富」というイメージを持っているかもしれませんが、私たちが提供している商品はそのお客様にとって価値のあるものを販売しています。「価格」も大事ですが、私たちはその商品が持つ価値、作り手側の想いまで伝えていきます。

すべてはお客様のために
私たちは安さ、品揃え、店舗戦略、事業拡大などお客様の声に応えて変化し続ける企業です。そのすべての原点にあるのは「お客様のために」という想いだけです。この想いは創業以来ずっと変わらず、この先も持ち続けます。

過去の業績

  売上高
2019年 6,931億円
2018年 6,805億円
2017年 6,580億円

グループ会社・関係会社

グループ会社

・株式会社ヨドバシホールディングス
・株式会社ヨドバシ建物
・株式会社ヨドバシ物流
・株式会社ゴールドポイントマーケティング
・リテイル・リテラシー株式会社
・一般財団法人ヨドバシ藤沢カメラ財団
・株式会社石井スポーツ
・株式会社アート・スポーツ

ヨドバシカメラに転職するためのポイントを整理

ヨドバシカメラ の事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

ヨドバシカメラ の特徴

  • 家電量販店でありながら、カメラや家電だけでなく日用品など様々な商品を扱う
  • 大手企業らしく堅実な雰囲気の会社
  • 10年連続顧客満足度1位を獲得している
  • 「ヨドバシドットコム」というECサイトの売り上げが伸びてきている
  • 研修がしっかりしていて、商品知識が身に付く

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 物流スタッフ、自転車整備・販売スタッフ、配送スタッフの職種を現在募集中
  • 人手不足の会社のため、合格はそれほど難しくないと思われる
  • 労働時間が長いという口コミが多い。忙しくなることは覚悟しておく必要がある

ヨドバシカメラの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

ヨドバシカメラと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.