転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

ワールドストアパートナーズに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

ワールドストアパートナーズ 転職 口コミ 事業内容

ワールドストアパートナーズへの転職を検討している人、興味がある人向けにワールドストアパートナーズの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

ワールドストアパートナーズの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

ワールドストアパートナーズの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・入社3~5年未満の販売スタッフの年収は「250万円~300万円」
・入社10年を超えたベテランスタッフの年収は「350万円~400万円」
・賞与は年2回支給あり
・社員割引制度あり
・子持ち社員への福利厚生が手厚い
キャリア・自己成長
・初見のお客様が常連になってくれると成長を感じる
・店舗運営のイロハを学べる
・流行のファッションを勉強できる
社風・社員の雰囲気
・女性が働きやすい社風
・新人研修に力を入れている
・ブランドごとの縦割りが強い
事業の評価
・ネームバリューがある
・スケールメリットが大きい
・百貨店に進出したことでブランド価値が上がった
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・報告上の残業時間は7時間
・残業は減少傾向にある
・長期休暇は取得しづらい
子育て・女性向けの制度
・産休・育休は取得しやすい
・時短勤務制度あり
・独身女性が子持ちスタッフをサポートするシフトが組まれる

給与・ボーナス・福利厚生

入社3~5年未満の販売スタッフの年収は「250万円~300万円」という意見が目立ちました。入社10年を超えたベテランスタッフの年収は「350~400万円」まで上がるようです。

自己評価と上長の評価をすり合わせを行い、その結果で職位給が決定されます。グレードアップが級の中で1番高くなると、上のグレードに移行するための審査を受ける必要があるようです。

「昇給はほとんどない」「賞与は3~5万円程度」という口コミがあり、販売スタッフの待遇で長く働くモチベーションを維持するのは難しいようです。

年収を上げるなら、成果を上げて店長などに昇進することが必須でしょう。

キャリア・自己成長

キャリア・自己成長について以下の意見が見つかりました。

  • 「初見のお客様が常連になってくれた時に成長を感じる」
  • 「流行のファッションが毎週入ってきて勉強になる」
  • 「店舗運営のイロハを学ぶことができる」 
  • 「スタッフ同士の連帯で目標が達成できた時に成長できる」
  • 「お客様との距離が近いのが働き甲斐につながる」 等

接客や、ファッションが好きな人にとってはやりがいのある環境と言えます。

社風・社員の雰囲気

「女性が働きやすい社風」という意見が見つかりました。店舗スタッフの大半は女性のため、士気を高める意味でも上司に意見が届きやすくなっているようです。

「新人研修に力を入れている」という口コミもありました。トラブル時に役立つマニュアルが充実しており、入社後も安心して働けると言えます。

一方で、ブランドごとに縦割りが強い特徴もあります。スタッフ間の行き来が少ない等、縦割り独自の話題もあるようです。

事業の評価

事業の評価について以下の意見が見つかりました。

  • 「知名度によってお客様を確保できている」
  • 「日本全国に店舗があることでスケールメリットが生まれる」
  • 「百貨店に展開していることでブランドの地位が上がっている」 等

気になる意見もいくつか見つかりました。

  • 「関東から関西へのヘルプ要請で社員が出張する」
  • 「業界全体が不況に立たされている」
  • 「似たようなデザインがすぐ発売されてイタチごっこになる」 等

アパレル業界は流行り廃りが激しいため、常に新しいファッションを手がけて行く必要があります。

スピード感を持った経営が今後は一層大切になるでしょう。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

「残業は店の規模によって違う」「有給取得はほとんど期待できない」といった意見が目立ちます。

客数が多い大型店であるほど、残業が多い傾向にあるようです。シフト制で長期連休についても「取得できない」という意見が多くありました。

会社をあげて残業時間の削減に取り組み始めているという意見も見られます。

人員不足を解消するためにも、待遇の改善は急務でしょう。

子育て・女性向けの制度

子育て・女性向けの制度について以下の意見が見つかりました。

  • 「産休・育休はきちんととれる」
  • 「スタッフ全員が妊婦さんと働くことに慣れている」
  • 「子持ちの社員はシフトを招請できる」 等

現場スタッフは女性が多いため、子育てに関する理解が浸透しているようです。独身の社員に遅番のシフトが集中するという課題もあります。

時短勤務を望む場合は、月給正社員から時間給の正社員に変更もできます。福利厚生に違いがないことから、選択する子育て世代も多いようです。

ワールドストアパートナーズの将来計画と事業展開

61期の決算説明資料から親会社である株式会社ワールドの「中期方向性」を確認しました。

ワールドでは、ファッション業界の共通基盤である「ブランド」「プラットフォーム」「デジタル」を活用した「無駄のない産業世界」を追求しています。

具体的には、M&Aやデジタル投資を先行的、かつ集中的に行うことでブランド事業の一本足打法からの脱却を目指します。

成長投資の資源は株式の再上場に伴うエクスティファイナンスで補うことで同時並行で財務の健全化も目指す予定です。

収益の向上が実現出来たら、成長投資とのバランスを見ながら株主に利益を還元してきます。

今後のワールドストアパートナーズの展開に注目しましょう。

ワールドストアパートナーズの転職者向け求人情報・待遇

ワールドストアパートナーズでは、アパレル店舗スタッフの中途採用を行っています。

ここでは、募集要項の概要を紹介します。

募集職種

ワールドストアパートナーズでは公式ホームページにて「アナトリエ」「ココシュニックオンキッチュ」等のブランドごとにフルタイムの正社員・契約社員墓募集してます。

勤務地やブランドごとに、細かく絞り込み検索をかけることも可能です。

気になるブランドがある人は、一度公式ホームページの採用情報に目を通してみることをおすすめします。

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:20万5,000円~23万4,700円(販売スタッフのモデル月収)
  • 口コミでの年収:250万円~300万円(入社3~5年未満の販売スタッフ)
  • 全体の平均年収(四季報より):634万円(グループ全体)

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約12時間でした。

2016年のデータは7時間のため、残業は右肩下がりと言えます。

以下に、労働時間や休日に関する情報をまとめます。

  • 残業時間:7時間/月
  • 1日の労働時間:1日8時間・週5日※09:30~20:30の間でシフト制
  • 年間休日数:1ヶ月を平均し週2日
  • その他:介護時短勤務制度あり

選考フロー

ワールドストアパートナーズの詳細な選考フローは確認できませんでした。

一般的な企業と同様に、以下の流れで進むものと考えられます。

  1. webエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

ワールドストアパートナーズの特徴として求人が再開した情報を受け取れる「登録制度」があります。

今現在は希望する店舗が見つからなくても、後日に採用試験を受けることが可能です。

ワールドストアパートナーズの面接対策・質問の傾向

ファッション業界の会社らしく、ファッションに関する質問が多いようです。

「数あるブランドの中で、なぜこのブランドを選んだか」「どんな店づくりをしたいのか」など、希望者のセンスを試すような質問が実際の面接で出されています。

その日に着ている服装についての雑談をしたという声もあることから、私服OKの面接でもコンセプトを決めておくことをおすすめします。

そのほか、「あなたが共感する当社の企業理念は?」という質問が特徴的です。

公式ホームページに記載されている「VISION」を読み込んできちんと回答できるように準備を進めましょう。

ワールドストアパートナーズの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社ワールドストアパートナーズ
本社住所
〒107-8526 東京都港区北青山3-5-10 ワールド北青山ビル
代表
代表取締役社長 谷村 耕一
従業員数
9,867名(2020年3月末現在)
売上高
2,499億円(2019年3月)
設立
2000年10月1日
上場
非上場

事業内容

ワールドストアパートナーズは、株式会社ワールドのグループに属する大手企業です。60以上のファッションブランドと展開し、店舗数は2,000を超えています。

百貨店・駅ビル・ショッピングセンターチャネルでの最適な出店を行うほか、ワールドグループ各社で活躍する人材を集約して育成しているのも特徴です。

ワールドストアパートナーズの主軸事業

  • 百貨店・駅ビルなどでのアパレル商品販売

2019年の消費税増税以降、消費者の消費抑制が傾向が高まったほか、自然災害による店舗閉店、新型コロナウイルスによる販売自粛など「外的な要因」での客数落ち込みが続いています。

現在はお客様と従業員のコロナウイルス感染を防ぐ取り組みを続けつつ、経費・仕入れの徹底した「支出コントロール」を続けています。

企業理念

公式ホームページから、ワールドストアパートナーズのVISIONの一部を抜粋して紹介します。

Fit力
~6つのSpirit~

1.一期一会に、心をこめる。
2.ちがいを楽しみ、個性を光らせる。
3.気持ちを深く察し、気持ちをひとつ添える。
4.とことん、寄りそう。
5.やるからには、本気でやる。
6.昨日よりも、かっこよく生きる。

過去の業績

  売上高 営業利益 当期利益
2019年 2,499億円 148億円 136億円
2018年 2,458億円 132億円 111億円
2017年 2,500億円 121億円 106億円

(※グループ全体)

グループ会社・関係会社

ワールドストアパートナーズのグループ会社・関係会社を抜粋して紹介します。

親会社

・株式会社ワールド

関連会社

・株式会社フィールズインターナショナル
・株式会社エクスプローラーズトーキョー
・株式会社ワールドアンバー
・株式会社スタイルフォース
・株式会社アルカスインターナショナル
・株式会社ワールドフランチャイズシステムズ
・株式会社ピンクラテ
・株式会社ナルミヤ・インターナショナル ※持分法適用関連会社
・株式会社ケーズウェイ
・株式会社ワールドライフスタイルクリエーション

ワールドストアパートナーズに転職するためのポイントを整理

ワールドストアパートナーズの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

ワールドストアパートナーズの特徴

  • アパレル販売事業を展開する大手企業
  • 駅周辺や百貨店に進出してブランド価値を高めている
  • M&Aを積極展開し、ブランド事業以外の収益の柱を構築中
  • 働き方改革によって残業時間は減少傾向
  • 子育て世代の社員へのサポートが充実している

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 公式ホームページではブランドごとの店舗スタッフを募集している
  • 登録制度を利用することで気になるブランドが求人を出すまで待機できる
  • 事務職の募集については転職エージェントを確認する

ワールドストアパートナーズの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

ワールドストアパートナーズと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.