転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

トスネットに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

トスネット 警備 転職 口コミ 事業内容

トスネットへの転職を検討している人、興味がある人向けにトスネットの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

トスネットの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

トスネットの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・入社3年未満の警備スタッフの年収は「250万円~300万円」
・所長クラスを含めた全社員の平均年収は「300万円以下」
・賞与は年2回支給あり(正社員のみ)
・正社員登用制度でキャリアアップを目指せる
・月に15時間分の「みなし残業」あり
キャリア・自己成長
・警備に関するあらゆる仕事を経験できる
・取引先との打ち合わせを片付ける
・資格の勉強に打ち込むことで昇給を狙える
社風・社員の雰囲気
・トップダウンの社風
・所長の指示に忠実に従う人材が求められる
・社員教育に力を入れている
事業の評価
・大手としてのネームバリューがある
・契約社員やアルバイトの応募が絶えない
・五輪などを背景に警備需要が増加している
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・交代制の勤務は残業時間が少ない
・プライベートと仕事を両立しやすい
・シフト勤務によって好きな日に休日を選べる
子育て・女性向けの制度
・警備社員として働く女性も一定数いる
・残業の少なさから子育てと両立させやすい
・産休・育休の制度利用については確認できず

給与・ボーナス・福利厚生

入社3年未満の警備スタッフの年収は「250~300万円」という意見がありました。所長など役職者を含めても全社員の平均年収は300万円を下回ります。

口コミでは、年間の賞与は「0~20万円」です。契約社員では賞与が支給されないため、年収を上げるなら正社員を目指すことになります。

福利厚生に「正社員登用制度」があることから、努力次第で年収をアップできる可能性はあるでしょう。

残業代については「みなし残業制」を採用しており月に15時間分は基本給に加えられるようです。

キャリア・自己成長

キャリア・自己成長について以下の意見がありました。

  • 「交通誘導・施設警備・列車見張りなど警備に関する知識が身についた」
  • 「取引先との打ち合わせを任される」
  • 「資格の勉強に打ちこむことで昇給を狙える」 等

資格を取得する等の上昇志向がない場合は、働きにくい環境かもしれません。

シフトの自由が効くため、学校と並行して働いてキャリアアップを狙う人もいるようです。

社風・社員の雰囲気

「トップダウンの社風」という意見が目立ちます。各事業所の所長に権力が集中しているため、一般社員は指示内容を忠実に実行することが求められるようです。

ユニークな社風としては、「正社員が部下やアルバイトにジュースをおごる」というものが挙げられます。年収の低さから社員の自腹を嫌う声もありますが、チームの結束を高めている側面もあるでしょう。

「社員教育にチカラを入れている」という声も目立ちました。業務に関するさまざまな研修プログラムが用意されているほか、資格取得にも熱心です。

働きながら国家資格を狙う人には素晴らしい環境といえるでしょう。

事業の評価

事業の評価について以下の意見が見つかりました。

  • 「警備業界としては業界最大手クラスで知名度がある」
  • 「働きやすいシフトを組めることで契約社員やアルバイトの応募は絶えない」 等

交通誘導や施設警備の需要増を背景に、売上は右肩上がりで推移し今後も成長が予想されます。

一方で、「前線で働く若手社員の給与が低い」といった意見もありました。

事業の好調さで増加している営業利益を、いかに社員に還元できるかが今後のカギになるでしょう。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

「残業はほぼない」「プライベートの時間が確保しやすい」といった意見がありました。交代制のシフト勤務で残業が少なく、ワークライフバランスは良好です。

「給料が少ないから時間しか使えるものがない」という意見もありました。契約社員の給与だけで一生生活していくには難しい給与水準であるようです。

空いた時間を有効に使って上位資格を取得し、正社員への登用を目指しましょう。

子育て・女性向けの制度

警備会社は男性向けのイメージがありますが、女性社員も活躍しています。残業が少なく交代時間が決まっていることで、子育てとの両立がしやすいようです。

周囲の社員の理解と協力があれば、他業種よりも働きやすいといえます。

産休・育休の制度利用については確認できませんでした。

女性が出産後も働いていくためには、福利厚生の整備が急務といえるでしょう。

トスネットの将来計画と事業展開

「2020年9月期」の決算説明資料から「今後の取り組み」を確認しました。

トスネットでは、警備業務の高付加価値化に向けて以下のツールの導入を進めています。

  • 高機能規制車両の開発・導入
  • 車両突入テロ防止バリケード

高機能規制車両は80インチの巨大モニターで遠方からの視認性を向上させたほか、発電機搭載によって約40時間の長時間運転が可能です。

地上高さ5mに監視カメラを取り付けることにより、多目的な活用が期待できます。警備・広報・電力供給のほか、災害時の被災地支援にも活用が期待されています。

車両突入テロ防止バリケードは別名「ヘラクレス」と呼ばれており寒冷地での積雪路面でも設置できる日本で初めてのバリケードです。

大型イベントでのテロ防止・交通誘導現場で警備員の近くに配置する等、さまざまな使い方で作業者・参加者の命を守ります。

交通誘導を知り尽くしたトスネットの今後の新型ツール開発に期待しましょう。

トスネットの転職者向け求人情報・待遇

トスネットでは、警備事業の中途採用を実施しています。

ここでは、募集要項の概要を紹介します。

募集職種

トスネットで採用しているのは

  • 施設警備
  • イベント警備
  • 交通誘導
  • 列車見張り警備

転職サイトでは「経理・総務」等のデスクワークも募集しています。

警備業界に興味がある人は、一度目を通しておくことをおすすめします。

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:記載なし
  • 口コミでの年収:250万円~300万円(入社3年未満の警備スタッフ)
  • 転職サイトに記載の年収:25~29万円
  • 全体の平均年収(四季報より):262万円

労働時間

トスネットの月間残業時間に関する情報は見つかりませんでした。交代制のシフト勤務で残業は少ないといった口コミもあり残業時間は少ないと予想されます。

以下に、労働時間や休日に関する情報をまとめます。

  • 残業時間:情報なし(残業は少ないと思われる)
  • 1日の労働時間:1ヵ月変形労働時間制 日勤8:00〜17:00
  • 年間休日数: 週休2日制(土日祝日休み)+夏季休暇・年末年始休暇
  • その他:国家資格受験費用会社負担・単身者用寮有

選考フロー

公式ホームページで紹介されている「選考の流れ」を紹介します。

  1. 応募
  2. 一次面接
  3. 二次面接・簡単な適性検査
  4. 入社書類提出・採用

面接を通じて勤務地やシフト・業務内容の希望の聞き取りを行います。

採用の後は、勤務開始までの間に最低30時間の「新任教育」が実施されます。

トスネットの面接対策・質問の傾向

トスネットの面接内容には、特殊な質問は含まれないことが多いようです。

  • 「入社後転勤は可能か」
  • 「最終学歴の説明をしてください」
  • 「人との交流は得意ですか」

基本的な質問で面接は進みます。自己PRや志望動機を押さえておけば面接は難しくないでしょう。

トスネットの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社トスネット
本社住所
〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野1-10-1
代表
代表取締役会長 佐藤 康廣
代表取締役社長 氏家 仁
従業員数
442名 グループ全体3,283名
売上高
108億円(2019年)
設立
1977年3月
上場
2000年4月

事業内容

トスネットは、建設現場やイベントの交通誘導を主軸とする大手企業です。東北地方を地盤としており、施設警備の分野ではセコムと提携しています。

警備のほかに、電力供給事業も手掛けているのが特徴です。

トスネットの主軸事業

  • 交通誘導警備
  • セコムと提携した施設警備
  • 電力供給事業

業績は電力供給事業の好調さが影響して増益が続いています。主軸事業である警備事業は、交通誘導の需要が高いこともあって利益率が高水準です。

今後は五輪の警備も受注できることから、さらなる成長が考えられます。

警備事業に付加価値を持たせるため、社員の人件費・教育費用は増加傾向です。

新規事業としては、安全対策用の新商品の開発を進めています。イベント警備などで導入手案をすることで、請負単価のアップを狙っています。

企業理念

トスネットは、創業以来「誠実」「感謝」「奉仕」の精神を社訓として今日に至っております。

日々多様化するセキュリティニーズに柔軟に対応するため、交通誘導警備、施設警備に加え万引き防止の専門会社である「(株)日本保安」を設立、あるいは列車見張り警備に特化している「(株)大盛警備保障」をグループ化してまいりました。

2011年(平成23年)7月には、電源供給会社の「I.C.Cインターナショナル(株)」を100%子会社化しました。コンサート、イベント等における警備事業と電源供給事業を一括して提供することで更に顧客満足度を高めてまいりたいと考えております。

「勝敗を論ずるのではなく、その是非を論ずる、一日を争うのではなく、その千秋を争う」ことを経営の基本ベースとして、一日の勝ち負けを争うとか今日儲かったとか損をしたというのではなく、やっていることが正しいのかどうか"正しさの追求"をし、長期の計画を立て、常に成長を続け、磐石の企業を目指してまいりたいと考えております。

過去の業績

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 108億円 10億円 10億円
2018年 104億円 8億円 9億円
2017年 100億円 8億円 9億円

(※グループ全体)

グループ会社・関係会社

トスネットのグループ会社・関係会社は以下になります。

グループ会社

・株式会社トスネット北東北
・株式会社トスネット南東北
・株式会社トスネット首都圏
・株式会社トスネット上信越
・株式会社トスネット茨城
・株式会社トスネット北陸
・株式会社三洋警備保障
・株式会社大盛警備保障
・株式会社日本保安
・I・C・Cインターナショナル株式会社
・株式会社メーリングジャパン
・アサヒガード株式会社
・株式会社ビルキャスト
・株式会社エイコー
・株式会社アーバン警備保障
・株式会社トスネット琉球
・北日本警備株式会社

業務提携

・セントワーク株式会社

トスネットに転職するためのポイントを整理

トスネットの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

トスネットの特徴

  • 交通誘導警備を主軸事業にする大手企業
  • 施設警備では大手警備会社「セコム」と提携
  • 新規事業である電力供給事業も好調
  • 残業が少なく、仕事とプライベートとの両立がしやすい
  • 契約社員スタートで正社員登用のチャンスがある

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 警備社員は公式ホームページで募集している
  • 経理・総務などのデスクワークは転職サイトで募集中
  • 電力供給事業などの新規事業の求人は転職エージェントに確認

トスネットの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

トスネットと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.