転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

すかいらーくに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

すかいらーく 転職 口コミ 事業内容

すかいらーくへの転職を検討している人、興味がある人向けにすかいらーくの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

すかいらーくの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

すかいらーくの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・年収は「500万円~700万円」
・昔からいる人の給与額は高め
・店長に昇格すると40時間分がみなし残業として給与に含まれる
・子ども手当など家族持ちに対しての手当がある
キャリア・自己成長
・研修がしっかりしており、指導力やリーダーシップ力を身につけられる
・店長として上手くお店を回せたときにやりがいを強く感じる
・積極的に提案したり業務改善をしていく意識がないと昇格は難しい
社風・社員の雰囲気
・体育会系の側面が強い
・店舗によって多少雰囲気が差がある可能性
・店舗の異動は不定期に行われるため、新しい環境に柔軟に溶け込む必要がある
事業の評価
・外食産業の中ではトップを誇っている
・ドリンクバーや駐車場のPマークなど、業界初の試みを導入した事例が多い
・店舗の多さに比べ人手不足であることが課題
・アルバイトで回しているため、人材確保が不安定
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・休日出勤が発生することもあり、労働時間も長い傾向にある
・店舗によって忙しさはある程度変わる
・卓上タッチパネルオーダーなどIT化を進め従業員を負担を減らそうとしている
子育て・女性向けの制度
・女性スタッフも多く働いている
・特に女性が働きにくいような雰囲気はない
・体育会系のため体力的に厳しくなってくる人はいる
・育休・産休は問題なく取得可能であり、その後戻ってくる社員もいる

給与・ボーナス・福利厚生

年収は残業・賞与込みで「500万円~700万円」という意見が目立ちました。

給与額は大手としては若干少なめかもしれませんが、賞与額は年々上がってきているという口コミもあります。

昔からいる人の給与額は高めであり、下がりにくい傾向があるようです。

残業代は通常は支給されますが、店長に昇格すると40時間分がみなし残業として給与に含まれるようになります。

子ども手当など家族持ちに対しての手当もいくつかあります。

キャリア・自己成長

すかいらーくは研修はしっかりしているようで、指導力やリーダーシップ力が身につくという口コミがありました。

飲食サービス業で今後もやっていくための基本的能力をつけることができます。

店長となり上手くお店を回せたときはやりがいを強く感じるようです。クレーム対応やお店の改善など、困難なことも多くあるようです。

人事評価で評価を上げるためには、自分から積極的に提案したり、業務改善をしようとする必要があります。

仕事に対して受け身の姿勢の人は昇格が難しいようです。

社風・社員の雰囲気

全体的には体育会系の側面が強いという口コミか多かったです。飲食業ですので、ある程度の元気の良さや体力は必要になってくるのでしょう。

体育会系的な風土も現在は少しずつ薄まってきているという口コミもありました。店舗によって多少雰囲気は異なるのかもしれません。

店舗の異動は不定期に行われるようです。人間関係を築けたとしても、異動によりまた1から環境を作っていかないといけないこともあります。

新しい環境にすぐに溶け込める能力も必要になりそうです。

事業の評価

すかいらーくは外食産業の中ではトップを誇っています。店舗数の拡大も年々進んでおり、新しい業態の開発されています。カフェ事業が特に好調とのことです。

業界初のドリンクバーの導入なども行なってきました。

店舗数の拡大が進む反面、人材の確保が追いついてないという口コミもありました。

若手社員が少なく、アルバイトで労働力をカバーしているため、人材確保が不安定なのも問題点のようです。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

外食産業は労働時間が長くなる傾向があり、すかいらーくも例外とは言えないようです。

職種によっては休日出勤が発生することもあるので、入社前には考慮に入れておく必要があります。

店舗によってある程度忙しさは変わってきます。人が足りていない店舗では、休憩が取り辛い場合もあります。

卓上タッチパネルでのオーダーなどIT化を進め、従業員の負担を減らす施策も行っています。IT化の部分で他社に遅れをとっているようなので、今後の改善に期待しましょう。

子育て・女性向けの制度

すかいらーくでは女性スタッフも多く働いています。

労働時間が長いのと体育会系の側面があるため、体力的に厳しいと感じている人もいるようです。

ある程度忙しくなることは入社前に考慮に入れるべきでしょう。

大手企業であるため、育休・産休などの制度は整っています。育休取得後に戻ってきて活躍する人も多くいるようです。

すかいらーくの将来計画と事業展開

現在コロナの影響もあり外食産業は厳しい状況に置かれています。すかいらーくでは、デリバリーやテイクアウトの売り上げを現在強化させています。

ガストではピザを半額で提供したり、ユーザーを取り囲むための大胆なキャンペーンを行っています。

深夜営業時間を短縮しているので、昼間時間帯の需要に応えるメニューを増やしているようです。

景気低迷を考慮し、低価格のメニューも増加など、日本の情勢に合わせて柔軟に変化しています。

すかいらーくの今後にも注目が集まりますね。

すかいらーくの転職者向け求人情報・待遇

「すかいらーくに転職したい」と思っている方向けに、求人情報を紹介します。

すかいらーくで募集中の職種や平均年収、残業時間などについてみていきましょう。

募集職種

すかいらーくでは現在中途採用の募集は行っておりません。

「中途採用の募集は、一時休止させていただいております」と採用ページに記載されていました。

今後再開する可能性もあると思われます。

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:非掲載
  • 口コミでの年収:500万円~700万円
  • 転職サイトに記載の年収:非掲載
  • 全体の平均年収(四季報より):699万円

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約34時間でした。

残業時間や休日日数は以下の通りとなります。

  • 残業時間:34時間/月
  • 1日の労働時間:1ヶ月単位の変形労働時間制度
  • 年間休日数:117日
  • その他:特別休暇(慶弔休暇、赴任休暇、裁判員休暇、子の結婚時など)

選考フロー

公式ホームページや転職サイトでは、選考フローを確認できませんでした。

一般的な企業と同様に、以下の流れで進むものと考えられます。

  1. webエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

面接までの間に「説明会への参加」「適性検査」などが追加される可能性もあります。

すかいらーくの面接対策・質問の傾向

過去の転職者は「毎月のお給料の使い道」や「急な呼び出しで出勤できますか?」などを聞かれていました。

人間性をより重視しているようです。人手不足の会社であるため、合格はそれほど難しくはありません。

緊張せずにありのままの自分を伝えれば、面接を通過することができるでしょう。

飲食業界やすかいらーくに関する基礎知識は身につけて面接に臨みましょう。

すかいらーくの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社すかいらーくホールディングス
本社住所
東京都武蔵野市西久保 1-25-8(三鷹 第3オフィス)
代表
代表取締役社長 谷 真
従業員数
6,291名
売上高
3,753億円
設立
1962年(昭和37年)4月4日
上場
1984年

事業内容

すかいらーくは、50年に渡って外食業界の先端を走ってきました。

数多くの有名チェーン店を運営しています。「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」「とんから亭」等あります。

約25ブランド、全世界3,258店のレストランを運営していて、誰もが一度は行ったことがある飲食店が多いです。

すかいらーくは今では当たり前の仕組みを多く作ったことでも有名です。ドリンクバーはすかいらーくのレストランが最初に導入しました。

ファミレスではもはやドリンクバーは必要不可欠のものとなっていますよね。

経営理念

価値ある豊かさの創造

私たちは、「ひとりでも多くのお客様に、安くておいしい料理を、気持ちの良いサービスで、清潔な店舗で、味わっていただく」為に、国内だけでなく、地球上の人々が日常的に豊かになるよう貢献することを目指します。

過去の業績

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 3,753億円 205億円 167億円
2018年 3,663億円 228億円 185億円
2017年 3,594億円 281億円 255億円

グループ会社・関係会社

グループ会社

・株式会社すかいらーくレストランツ
・ニラックス株式会社
・株式会社トマトアンドアソシエイツ
・株式会社フロジャポン
・株式会社すかいらーくD&M
・株式会社ジャパンカーゴ
・雲雀國際股份有限公司

 

すかいらーくに転職するためのポイントを整理

すかいらーくの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

すかいらーくの特徴

  • ガストやジョナサンなど、数多くの外食チェーン店を運営している
  • ドリンクバーなど、今では当たり前を仕組みを多く作ってきた
  • コロナの流行に伴い、デリバリーやテイクアウトの売り上げを強化している
  • 現在、深夜営業時間の短縮を進めている
  • 研修がしっかりしており、指導力やリーダーシップ力を身につけられる

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 現在中途採用はやっておらず、代わりに新卒採用を中心に行っている
  • 人手不足の企業であるため、今後中途採用も復活させる可能性はある
  • 外食産業は労働時間が長いので、忙しくなることは考慮に入れておくこと

すかいらーくの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

すかいらーくと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.