転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

セントケアに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

セントケア 転職 口コミ 事業内容

セントケアへの転職を検討している人、興味がある人向けにセントケアの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

セントケアの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

セントケアの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・入社3年~5年未満の年収は「300万円~350万円」
・入社5年~10年の中堅社員の年収は「400万円前後」
・賞与は年2回支給あり
・賞与は入社1年目から支給される
・一部上場企業として給与制度は整っている
キャリア・自己成長
・介護という仕事を通じて人間力が身につく
・さまざまなキャリアの仕事を経験できる
・努力次第で幹部への昇進を目指せる
社風・社員の雰囲気
・現場社員の士気が高い
・管理職には穏やかで協調性がある人物が多い
・トップが社員を守る姿勢を打ち出している
事業の評価
・介護業界自体が需要が高い
・さまざまなジャンルの仕事がある
・国の政策で事業が左右される
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・報告上の残業時間は43時間
・残業時間は右肩上がりで推移している
・部署によって休みやすさに差がある
子育て・女性向けの制度
・会社全体で産休・育休への理解がある
・子供の用事・急病に合わせて働ける
・生理休暇も積極的に利用できる

給与・ボーナス・福利厚生

入社3~5年未満の介護職の年収は「300万円~350万円」という意見が目立ちました。入社5〜10年の中堅社員になると、年収は「400万円」前後になるようです。

月末に仕事が増え残業時間が長くなる傾向で、給与に反映されないという意見がありました。サービス残業が常態化している事業所もあるようです。

賞与については「少ない」という意見が目立つものの「1年目から支給される」点を評価する声もあります。入社1年目は資格給もなく手取りが少ないですから、賞与が支給されるのは嬉しいですね。

一部上場企業であるため、制度自体は整えられており介護業界全体で見れば「待遇に対する不満は少ない」といえます。

キャリア・自己成長

キャリア・自己成長について以下の意見が見つかりました。

  • 「介護の仕事を通じて人間力が向上する」
  • 「仕事の種類が多く、自分だけのキャリアを形成するチャンスがある」
  • 「タフに業務を遂行することで昇進のチャンスがある」

管理者を務められる人が少ないため、努力次第で昇進するチャンスが巡ってくるようです。

「給与の低さがやる気を妨げる」「介護に関する実技指導よりも周辺業務の研修が多い」といった意見もあります。

介護の技術は、現場のOJTで学ぶ姿勢が大切になるでしょう。

介護業界らしく「ありがとうの声が励みになる」という意見もありました。

社風・社員の雰囲気

「現場の士気が高い」という意見が見つかりました。

介護業界の例にもれず他業界より年収は低めであるものの、社員の良心や使命感によって業績が安定している側面があるようです。

管理職には「穏やかで協調性のある人物」が選ばれる傾向があります。利用者の意見や部下の管理など、細かい仕事に気を回せる人が適しているのでしょう。

トップダウンの社風である一方、「何かあったら上が守る」と上司側から言ってくれる安心感があるようです。

アットホームな雰囲気を魅力に挙げる人も多く、横の風通しも良好です。

事業の評価

事業の評価について以下の意見が見つかりました。

  • 「ニーズが堅調な業界で成長性が高い」
  • 「全国各地で営業所を持っている」
  • 「介護に関するあらゆる業務を行っている」 等

少し気になる意見も見つかりました。

  • 「各営業所で慢性的に人材が不足している」
  • 「高齢者の数に左右されやすいビジネスモデル」
  • 「国の政策によって事業が影響を受ける」 等

介護事業は少子高齢化で追い風である一方、国の政策次第で大きく業績が傾く可能性もあります。

ニーズの強さにかまけることなく、成長のための策を考えることが必要でしょう。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

「プライベートが充実していないと仕事が充実しない」という考えを持っており、休日を取得する時は正直に申請することが求められます。

「年間110日程度の休みと年末年始を有給で取得する」「自分の能力次第で休みが取れる」といった前向きな意見が目立ちます。

一方で「月の労働時間が300時間を超える」「週休二日は名ばかり」といった厳しい意見もあります。

ポジションや事業所の人手不足の状況により、休みの取りやすさも異なるようです。

子育て・女性向けの制度

子育て・女性向けの制度について以下の意見が見つかりました。

  • 「会社全体で産休・育休制度に対する理解がある」
  • 「時短で働いたり、子供の急な体調不良で帰宅する人は多い」
  • 「保育園の時間に合わせて勤務時間を調整できる」 等

シフト制で仕事が組まれるため、女性社員の都合に合わせて仕事を組み替えやすいのが子育てのしやすい環境に繋がっています。

生理休暇についても積極的に利用できます。社員の体調管理に気を配る企業であることが伺えます。

セントケアの将来計画と事業展開

2020年3月期の決算概況から「2021年3月期の通期予想」を紹介します。

セントケアでは、2021年3月期における重点課題を3つを掲げています。

【2021年3月期 重点課題】

  • 地域包括ケアシステムの構築・推進
  • 労働環境の改善
  • 効率化への対応

中でも地域包括ケアシステムの構築を重視しており事業戦略として「コミュニティ№1拠点」を目指しています。

具体的には、多機能型拠点として「ソーシャルコミュニティリーダー」を設置し「泊まり」「通い」「訪問」の3つの事業モデルの中心として地域包括ケアに活かす計画です。

介護分野に精通したセントケアの今後の事業展開に注目しましょう。

セントケアの転職者向け求人情報・待遇

セントケア・ホールディングスでは、介護職・看護職の中途採用を行っています。

ここでは、募集要項の概要を紹介します。

募集職種

セントケアで募集している職業は以下になります。

  • 介護職
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 正看護師
  • 准看護師
  • 営業 等

公式ホームページの採用情報では、職種ごとの募集要項の概要が紹介されています。

関東・中部・関西など地域に分けて探すこともできるため、興味がある方は一度目を通してみることをおすすめします。

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:月給 17万7,000円~26万7,000円(介護職員初任者研修以上)
  • 口コミでの年収:300万円~350万円(入社3~5年未満の介護職)
  • 全体の平均年収(四季報より):508万円

労働時間

2018年の残業時間(平均)は約43時間でした。

2015年のデータは39時間のため、残業は右肩上がりと言えます。

以下に、労働時間や休日に関する情報をまとめます。

  • 残業時間:43時間/月
  • 1日の労働時間:8:00~20:00の間の8時間
  • 年間休日数:110日(含リフレッシュ休暇3日)
  • その他:余暇利用(レジャー、宿泊等)の支援、資格取得支援あり

選考フロー

セントケアの面接フローは公開されていませんでした。

一般的な企業と同様に、以下の流れで進むものと考えられます。

  1. webエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

書類選考の後に、筆記試験や簡単な適性検査が実施される可能性があります。

面接が複数回に及ぶことも考えておきましょう。

セントケアの面接対策・質問の傾向

「苦手なお客様がいたら、どのような対応をするか」「お年寄りの対応は問題ないか」「アルバイト経験を教えて下さい」など、コミュニケーション能力を知ろうとする質問が多いようです。

介護業界は入居者や利用者と近い距離で接する職場のため、円滑にコミュニケーションを取る能力は必要不可欠になります。

自信を持って接客が得意と言えるエピソードを用意しておきましょう。

そのほかの内容については一般的な内容が目立ちます。志望動機や自己PRなど、一般的な内容を話せれば問題はないでしょう。

セントケアの企業情報を解説

企業情報

会社名
セントケア・ホールディングス株式会社
本社住所
〒104-0031 東京都中央区京橋2-8-7 読売八重洲ビル5F
代表
代表取締役会長 村上 美晴
代表取締役社長 藤間 和敏
従業員数
連3,354名 単131名
売上高
411億円(2019年度実績)
設立
1983年3月
上場
2003年10月

事業内容

セントケアは、訪問介護・入浴を事業主体とする大手企業です。

訪問看護や小規模多機能を育成中です。

セントケアの主軸事業

  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 訪問入浴

新店は順調に成長しており、看護系を軸に28と拡大しています。

主力の訪問介護は着実に売り上げが増加しています。外注派遣費や先行投資がかさんだことで会社の計画を超過してしまっている点が課題です。

2021年3月には投資育成中の訪問看護や看護小規模多機能が利益貢献しはじめる予定です。

ミャンマー・ベトナムからの外国人人材を活用することで人材不足に歯止めをかけることに半ば成功しており営業益も上向きです。

株主への還元も強化されており。連続増配も見込んでいます。

企業理念

【福祉コミュニティの創造】

福祉コミュニティとは、個家族化し、地域とのつながりを失った住民が、助け合いのシステムを通じて共に安心して生きることができる、安心のコミュニティです。また、障害や病気を持った人たちも、一人ひとりの人間の存在価値が認められ、自らの意思決定が尊重されて、「生きててよかった!」と思える生き甲斐のあるコミュニティです。このような人間社会の理想のケアの現場から一歩ずつ、ひとつずつ実現していくことが暖かい心で満たされる「福祉コミュニティの創造」につながります。

【生き甲斐の創造】

私たちはいま、生き甲斐革命とでも呼ぶような時代に生きていて、新しい生き甲斐を模索しています。生きていることの意味の受け止め方が浅いと、生き甲斐が物質的な欲望を満たすという面に偏り、感謝の心も湧いてきません。ケアとは、生かされていることへの感謝の心を出発点に、お客様の役に立ち、喜んでいただくことによって、自らも喜びを感じ、お互いの生き甲斐を高める仕事なのです。

【ケア産業の創造】

ケア産業とは、すべての人の生きている意味や価値を大切にする、人間尊重の産業です。高齢社会は、社会が最も向上した結果の姿であり、ケア産業は心の時代にふさわしい社会の最先端の「心の産業」とも言えます。この「心の産業」という名にふさわしい人間の生きる意味や、価値を大きくしていく総合的なケア産業を創造していくことは、時代の要求であり私たちの使命です。セントケアは、ケア産業を創造し、新しい時代を拓きます。

過去の業績

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 411億円 20億円 17億円
2018年 395億円 19億円 18億円
2017年 371億円 19億円 18億円

グループ会社・関係会社

セントケアのグループ会社は多岐に渡ります。

ここでは、代表的なグループ会社に絞って紹介します。

主要グループ会社

・セントワーク株式会社
・株式会社ミレニア
・ピアサポート株式会社
・ケアボット株式会社
・Buurtzorg services japan株式会社
・株式会社シーディーアイ

セントケアに転職するためのポイントを整理

セントケアの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

セントケアの特徴

  • 訪問介護を中心に展開する大手企業
  • 訪問看護を新たな主軸事業とするべく育成中
  • 外国人採用を推進することで人材不足から脱却中
  • さまざまなジャンルの仕事にチャレンジできる
  • 部署間の風通しが良い

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 公式ホームページで介護職の中途採用を行っている
  • 正看護師・准看護師の採用も公式ホームページで確認できる
  • 事務・経理などのデスクワークに関しては転職エージェントに確認

セントケアの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

セントケアと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.