転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

JFEスチールに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

JFEスチール 転職 口コミ 事業内容

JFEスチールへの転職を検討している人、興味がある人向けにJFEスチールの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

JFEスチールの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

JFEスチールの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・年収は「「300万円~1200万円」
・係長、課長、部長とキャリアアップしていくと給与が上がる傾向
・昔に比べると年功序列が崩れてきている
・残業時間が長いため、その分残業代を稼ぐことが可能
キャリア・自己成長
・若いうちから大きい案件に関われるチャンスも多い
・専門的なスキルを身につけることになり、そのスキルを転職時に活用できるかは難しい
・異動があまりないため長期的なキャリアを描くことができる
社風・社員の雰囲気
・大手日系起業の風土が強い
・トップダウン方式の側面があり、上の意見が強い
・法令遵守のレベルが高く、コンプライアンスの教育が徹底されている
事業の評価
・ノウハウが蓄積されており、合理的に事業に取り組める
・固定顧客が存在するため需要が安定している
・今後伸びていくには新しい戦略が必要いとう声も
・海外でも事業を展開していく方針
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・残業時間は減ってはいるものの、依然として多い
・特に技術職の場合は忙しい時期がある
・有給は前もって宣言しておけば取得は可能
・業務内容上休日に呼び出されるケースもある
子育て・女性向けの制度
・育休・産休は取得しやすい雰囲気
・残業時間が長いので子育てとの両立が厳しいケースも
・女性だからといって不当に評価されることはない

給与・ボーナス・福利厚生

年収は残業・賞与込みで「300万円~1200万円」という意見が目立ちました。

係長、課長、部長とキャリアアップしていくと給与が大幅にアップし、年収1000万を超えるケースもあります。

ただし部長になれるのは一握りかつ、高いリーダーシップと実務能力がないと難しいとのことでした。

評価制度に関しては透明性があり、出世すべき人が出世しているという口コミがありました。年功序列も崩れてきており、実力とやる気で評価されるようになってきているようです。

残業時間は長い方で、残業代でトータルの給料をアップしている方もいます。

キャリア・自己成長

若手を育成する体制が整っている会社です。若いうちから大きい案件に関われるチャンスも多く、やる気次第で大きく成長できます。

仕事を効率よく遂行する能力、コミニュケーション能力や調整能力など総合的に身につきます。

異動もあまりないため長期的なキャリアを描くことができます。

ただ、身につけたスキルは社外で評価されるかは、疑問視する声もあります。

専門的なスキルになってしまうので、そのスキルを活かして転職するのは難しいかもしれません。

一つの会社で長く働きたい方には向いていると言えるでしょう。

社風・社員の雰囲気

大手日系起業の風土が強い、という口コミがありました。

また、トップダウン方式の側面が強い会社という意見もあります。上の意見が強く、新入社員が意見をしにくい環境であるとのこと。

ただ一方で、若手からチャレンジさせてくれるという口コミもあるので、部署によって雰囲気が異なるかもしれません。

また、JFEスチールは法令遵守のレベルは高いと言う意見もありました。

コンプライアンスの教育が徹底されており、社内外への通報システムも充実しているようです。

事業の評価

ノウハウが蓄積されており、合理的に事業に取り組めるのが強みです。

固定顧客が存在するため常に需要はあり、国や自治体とのパイプも強いため倒産可能性が非常に低いです。もっとも、鉄鋼業は景気の左右されやすい業界なので油断はできない一面もあります。

今後伸びていくには新しい戦略が必要と言っている方もいました。現状だと中韓の企業に負けてしまうと危惧しているようです。

今後は海外でも事業を展開していく方針とのことですが、口コミによると先行きが不透明だそうです。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

最近では残業時間を減らすように指示されています。ただ仕事量が減らないため、残業時間が減らない部署もあるとのことです。

特に技術職の場合、人手不足であるため忙しくなることも多いようです。

有給などは前もって伝えておけば取得可能ですが、休日出勤が発生することもあるようです。

総じてワークライフバランスは良いとまではいえませんが、給与を考えるとある程度忙しいのは仕方がないと言えます。

子育て・女性向けの制度

育休・産休は取得しやすい雰囲気です。フレックス制も導入されているため、子供がいる方でも柔軟に調整して働くことができます。

ただ、残業時間がやや長いので体力的に厳しくなることはありるかもしれません。

製造・設備部門では、トラブル時に休日出勤が発生することもあります。ある程度忙しくなるのは考慮に入れておく必要があると言えます。

評価において男女で差をつけられることはなく、仕事の中身で昇給が決まります。

JFEスチールの将来計画と事業展開

JFEスチールは現在売り上げは少しずつ伸びてきています。

今後は最先端技術により社会ニーズに同期化し、成長戦略を推進していくそうです。AIIotなどの技術を活かし、製鉄所システムを変革させていくことを目標にします。

国内収益基盤整備の継続と製造実力の強化、海外事業も進めていくようです。

今後のJFEスチールの動向にも注目が集まります。

JFEスチールの転職者向け求人情報・待遇

JFEスチールに転職したい」と思っている方向けに、求人情報を紹介します。

JFEスチールで募集中の職種や平均年収、残業時間などについてみていきましょう。

募集職種

JFEスチールが中途採用を行っているのは以下の職種です。

  • 営業
  • 生産管理
  • 購買
  • 経理財務
  • 人事
  • 法務
  • 研究開発
  • 製造技術開発
  • 設備技術開発 等

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:22万円~29万円
  • 口コミでの年収:300万円~1200万円
  • 転職サイトに記載の年収:記載なし
  • 全体の平均年収(四季報より):1,090万円(JEFホールディングス)

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約35時間でした。

残業時間や休日日数は以下の通りとなります。

  • 残業時間:35時間/
  • 1日の労働時間:始業・終業時刻は事業所ごとに異なる
  • 年間休日数:週休2日制(土日)、祝日、年次有給休暇(年間20日)、慶弔休暇、特別休暇
  • その他:時間外労働あり

選考フロー

公式ホームページや転職サイトでは、選考フローを確認できませんでした。

一般的な企業と同様に、以下の流れで進むものと考えられます。

  • 応募
  • 面接(複数回の可能性あり)
  • 内定
  • 入社

場合によっては「適性検査」や「小テスト」が実施される可能性もあります。

JFEスチールの面接対策・質問の傾向

過去の転職者は「入社したら長く働いてくれるか?」「現在働いている会社での不満は?」などを聞かれていました。

採用試験時には、一部ですが工場見学もさせてくれます。工場を実際に見た感想なども面接で聞かれるかもしれないので、予め考えておくようにしましょう。

面接は厳しい感じではなく、穏やかな雰囲気で行われます。落ち着いてありのままの自分を出せるようにすれば大丈夫と思われます。

明るくハキハキと喋ることがポイントのようです。

JFEスチールの企業情報を解説

企業情報

会社名
JFE(ジェイ エフ イー)スチール株式会社
本社住所
東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
代表
代表取締役社長 北野 嘉久
従業員数
44,975名
売上高
不明
設立
2003年4月1日
上場
非上場

事業内容

JFEスチールは鉄鋼メーカーであり、世界最大級の鉄鋼生産規模を持っています。鉄鉱石を原料に最終製品の生産までを一貫して行っています。

鉄は古くからある素材であり、固くて強く、用途に応じて自由に加工することができます。生活に欠かさないものであり、鉄道や建築などに使われてきました。

現在、鉄は金属製品の90%を占めると言われています。そんな私達の生活に密接に関わる鉄をJFEスチールは生産しているのです。

鉄鋼メーカーは新しい技術を開発し顧客のニーズに応えてきました。

まだまだ鉄には他の素材より可能性を秘めていると言われており、JFEスチールでは今日も研究・開発が進められています。

企業理念

1.良質な商品・サービスの提供

2.社会に開かれた企業

3.社会との連携と協調

4.グローバル化

5.地球環境との共存

6.政治や行政との関係

7.危機管理の徹底

8.人権の尊重

9.働きがいのある職場環境

10.法令の遵守

過去の業績

JEFホールディングスの売り上げです。

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 38736億円 967億円 847億円
2018年 36786億円 2,466億円 2,163億円
2017年 33089億円 2,218億円 2,093億円

グループ会社・関係会社

グループ会社

・JFEアップル東日本
・ガルバテックス
・JFE大径鋼管(株)
・ジェコス
・JFE西日本ジーエス

JFEスチールに転職するためのポイントを整理

JFEスチールの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

JFEスチールの特徴

  • 鉄鋼メーカーであり、世界最大級の鉄鋼生産規模を持っている
  • 固定顧客が存在するため一定需要があり、売上げが大きく下がることがない
  • キャリアアップしていくと給与が大幅にアップし、年収1000万を超えるケースもあり
  • 若いうちから大きい案件に関われるチャンスも多く、大きく成長することもできる会社
  • フレックス制も導入されており、生活リズムに合わせて柔軟に働くことも可能

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • 「営業」「生産管理」「経理財務」「生産開発」など数多くの職種を募集している
  • 人手不足のため合格率はそこまで低くはないと推測される
  • 残業時間は減ってきてはいるものの依然多いので、ある程度考慮しておくこと

JFEスチールの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

JFEスチールと他の企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.