転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

ドワンゴに転職はあり?給料の傾向・口コミ・評判【失敗しない為の情報まとめ】

ドワンゴ 転職 パソコン モニター

ドワンゴへの転職を検討している人、興味がある人向けにドワンゴの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

ドワンゴの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

ドワンゴの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
エンジニア職の年収は500~800万円
・非エンジニア職の年収は400万円~500万円
・賞与は年2回支給
・昇給タイミングが2回ある
キャリア・自己成長
若いうちから重要プロジェクトに参画できる
・高レベルの技術者と一緒に働いてスキルアップができる
・仕事を通じて積極性が身につく
社風・社員の雰囲気
従来の会社の常識にとらわれない自由さがある
・テレワークの浸透により、職種によっては働く場所を選択できる
・新しい技術をすぐに取り入れる殉難性がある
事業の評価
ニコニコ動画という収益の柱が存在している
・教育事業・ゲーム開発などの関連事業も好調
・ニコニコ動画への依存体質からの脱却を目指している
残業の多さ・休暇の取りやすさ
報告上の残業時間は17時間
・残業時間は減少傾向
・幹部職から率先して長期休暇を取得している
子育て・女性向けの制度
5時間、6時間、7時間から選べる時短制度がある
・育児手当・育児休業の仕組みも整備されている
・男性も育休を取得した実績がある

給与・ボーナス・福利厚生

ドワンゴの給与形態は、エンジニア系と非エンジニア系に大きく分かれています。

エンジニアに代表される技術職は入社3~5年目の中堅社員で年収500万円前後という意見が目立ちました。一方、営業や企画などの非エンジニア職に関しては、同じ年収に達するのに入社5~10年の期間を要するようです。

また、一般社員に該当する「ベーシック」と幹部社員に該当する「アドバンスド」という2つの給与テーブルがあります。社内評価を上げてベーシックからアドバンストに移行できれば、年収は600万円を超えてくるようです。

貢献度や業績といった数値評価の割合が増えるほか、残業代も支給されなくなります。

キャリア・自己成長

ドワンゴは有名な「ニコニコ動画」の運営元として知名度が高く、レベルの高い技術者が多数在籍しています。

新人の技術者にとっては、周りから高いスキルを学べることが働き甲斐に繋がっているようです。

一方、新入社員であっても重要なプロジェクトに参画させてもらえるという意見も見られました。裁量を持って仕事ができることが自己成長につながっているようです。

ただし、積極性を評価する社風から「消極的な人」「指示を待つだけの人」には仕事が回ってきません。アグレッシブに仕事に取り組める人でないと、成長するのは難しい環境だと言えるでしょう。

社風・社員の雰囲気

ドワンゴの社風に対して「自由」「ゆるい空気がある」という声が目立ちました。

裁量労働制やテレワークの導入により、就業場所にとらわれない自由な働き方が浸透しているようです。

また、エンジニアの待遇を重視する姿勢により、さまざまな部署の人と垣根を設けずに働けるという意見もありました。
新しい技術や手法があれば、積極的に取り入れる革新性もあるようです。

ただし、営業などの非エンジニア職はエンジニアより収入が低かったり自由度が悪かったりすることが多く、不満に感じる人もいるようです。

事業の評価

「常に新しいことに挑戦する」「常識にとらわれない」といったIT企業らしい革新性を評価する声が多く見られました。

また、「ニコニコ動画」という動画配信サイトを持っている強みから、良い人材が集まりやすいようです。

一方、「ニコニコ動画」に一時期の勢いがない事を心配する声を目立ちました。ライバルである「YouTube」の台頭から、収益性は大きく下がっているようです。

「ニコニコ動画」への依存度が高いことも不安材料です。

そのため、現在では「教育事業」「VR」「ゲーム開発」など新たなジャンルに傾注しています。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

ドワンゴでは、「成果が出ていれば残業について指摘されない」という声が目立ちました。

そのため、「朝が苦手だから10時に出社して夜まで働く」という人や、「必ず定時で帰るが指摘されない」という人がいるようです。テレワークの環境が整っていることもあり、自由な働き方はこれからも加速していくでしょう。

一方、「ニコニコ超会議」に代表される一大イベントの時は、土日関係なくイベント終了まで働くこともあるようです。代休は100%取れるとの事なので、悲観する必要はないでしょう。

上司から率先して長期休暇を取得する部署の場合は、部下全員が長期連休を取得できるようです。

子育て・女性向けの制度

  • 育児手当
  • 育児時短措置
  • 育児休業

育児手当は、小学校に入学するまでの子供を扶養している場合、保育園などの育児サービス利用料の2分の1が支給される仕組みです。

上限50,000円まで支給されるため、子育て世代の手取りが大きくアップします。

また、育児時短は「5時間」「6時間」「7時間」の3種類から選択が可能です。子が小学校を卒業するまでの長期に渡って利用でき、家庭の事情に応じて勤務時間を選べる柔軟性が魅力です。

さらに、男女ともに育休を取得した実績があります。

子育て世代でも退職することなく、復職しやすい体制が整っています。

ドワンゴの将来計画と事業展開

ドワンゴを含むKADOKAWAグループの中長期戦略を確認しました。

「『ネット+リアル』による市場深化」「コト体験価値の上昇」をテーマに以下のような施策を実行していくようです。

  • ドワンゴの教育事業「バンタン」の成長
  • nconicoの収益増加
  • イベント・MD事業の強化

ドワンゴでは2014年にアニメの教育事業展開の一環としてせ/、専門学校の「ばんたん」を買収しています。

成長した人材を登用することで「ニコニコ動画」をはじめとしたデジタルサービスとの相乗効果を狙っています。

ドワンゴの転職者向け求人情報・待遇

ドワンゴでは「エンジニア」「企画・ディレクター」「営業」「デザイナー」等の募集を行っています。

ここでは、募集要項の概要を紹介していきます。

募集職種

ドワンゴで募集している職種は「エンジニア」「企画・ディレクター」「営業・プロモーション・マーケティング」のほか、
「デザイナー」「コーポレート」の6種類です

そのほか、「インターン・アルバイト」といった期間限定での社員も募集しています。

公式ホームページでは、募集要項の概要を確認することができます。

募集職種が多岐に渡るため、気になる人は確認してみると良いでしょう。

ドワンゴ採用情報ページ | 株式会社ドワンゴ

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:前職を考慮し、当社基準により決定
  • 口コミでの年収:400万円~800万円(残業代・賞与含む)
  • 転職サイトに記載の年収:580万円~800万円(ライブ事業)
  • 全体の平均年収(四季報より):791万円

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約17時間でした。

2016年のデータは25時間のため、残業は減少傾向にあると言えます。

以下に、労働時間や休日に関する情報をまとめます。

  • 残業時間:時間/月17時間
  • 1日の労働時間:裁量労働制(1日8時間のみなし労働)
  • 年間休日数:120日
  • その他:企画営業など一部の職種ではフレックスタイム制を導入している

選考フロー

ドワンゴにおける選考フローの一例です。

  1. Webエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接+Webテスト
  4. 最終面接

ドワンゴの面接対策・質問の傾向

ドワンゴでは、一般の企業と同様に「志望動機」「自己PR」「自分の強み」等の質問を受けるようです。

「自分を動物に例えると何か」「音楽は好きか?」といったユニークな質問が用意されるという意見も目立ちました。

面接の雰囲気としては「雑談形式」という意見が多いため、圧迫面接を受けることはなさそうです。実績はもちろん「人間として面白いか」を評価するという意見もありました。

固くなりすぎず、質問には柔軟に対応する姿勢で臨むと良いでしょう。

面接が進んでくると「Excelは使いこなせるか」「今後どんな仕事をやりたいか」といった実務に関する具体的な質問が増えてくるようです。

ドワンゴの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社ドワンゴ
本社住所
〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
代表
代表取締役社長 夏野 剛
従業員数
1,273名(連結)
売上高
2,086臆円(グループ全体)
設立
1997年8月6日
上場
2014年10月

事業内容

ドワンゴは、YouTubeと並ぶ動画配信コンテンツである「niconico」を事業の主軸にしています。

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」「ニコニコ超会議」はドワンゴの収益の柱です。そのほか、教育事業やオンラインコンテンツ、VR等、事業の展開は多岐に渡ります。

ドワンゴの主軸事業

  • niconicoによる動画配信
  • オンラインゲーム・パッケージゲーム開発
  • VRによるライブコミュニケーションサービスの開発
  • ニコニコ超会議などのイベント事業
  • 学校法人角川ドワンゴ学園による教育事業

企業理念

ここでは、ドワンゴの親会社にあたる「KADOKAWA」の企業理念を紹介します。

「不易流行」は芭蕉が到達した俳句の理念ですが、角川書店の創業者・角川源義は、その精神を自らの出版事業の根源に据え、実践しました。

新しさを極め続ければ変わらないものが見えてくる。

変化を恐れずに挑戦し続ける心がKADOKAWAスピリットです。

KADOKAWAの経営理念を「不易流行」とし、その志を未来につなげます。

過去の業績

※グループ全体

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 2,086億円 270億円 421億円
2018年 2,067億円 314億円 372億円
2017年 2,057億円 841億円 741億円

グループ会社・関係会社

ドワンゴのグループ会社・関係会社は以下になります。

親会社

・株式会社KADOKAWA

子会社

・株式会社スパイク・チュンソフト
・株式会社バンタン

関連会社

・株式会社バーチャルキャスト
・株式会社プロジェクトスタジオQ株式会社でほぎゃらりー

ドワンゴに転職するためのポイントを整理

ドワンゴの事業内容・特徴・転職のポイントをまとめます。

ドワンゴの特徴

  • 「ニコニコ動画」という有名動画配信サイトを展開している
  • 自由な社風であり、業績次第では残業なしでの勤務が可能
  • 新しいシステムや手法をすぐに取り入れる積極的な会社である
  • 働き方改革によって幹部職から率先して長期休暇を取得する
  • 産休・育休・時短等、子育てに関する福利厚生が充実している

 

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • エンジニア、非エンジニアの両方の職種についてホームページで募集している
  • インターンなど、期間限定の人材も募集している
  • 子会社・関連会社に関する求人は転職サイトを利用する

ドワンゴの転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

ワークポート

転職決定人数No1の転職コンシェルジュ | WORKPORT

ワークポート

ワークポートはIT業界に強い転職エージェントです。

IT未経験者もお断りなく転職サポートしてくれるのが特徴です。IT業界の様々な職業を取り扱っていて、常時30,000件ほどの求人情報を保有しています。全体の半数以上がIT業界の求人です。

スピード感ある対応、独自の転職管理システムに定評があります。転職決定人数No1という実績があり、多くの人を転職成功に導いています。

「未経験からIT業界に転職したい」「転職活動は早めに終わらせた」という人にオススメの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://workport.co.jp/

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

ドワンゴと他のIT企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.