転職・新卒就活の情報サイト

Show 職

企業の転職情報

アダストリアに転職はあり?事業内容、口コミ・評判を紹介【失敗しない為の情報まとめ】

アダストリア adastria 転職

アダストリアへの転職を検討している人、興味がある人向けにアダストリアの転職情報をまとめました。

給料や面接対策など、転職に関する情報を網羅しています。

アダストリアの求人掲載がある転職サイトや募集要項の補足に利用頂けたら幸いです。

アダストリアの評判・口コミ|転職エントリー前にチェック

給与・ボーナス・福利厚生
・正社員の年収は400万円~1200万円
・社員グレードを上げることで給与レンジが変更される
・店長まで昇格すると年収1000万を超えるコースもあり
・残業代は1分単位で支給される
・賞与は平均基本給3ヶ月分
キャリア・自己成長
・1日ごとに目標が設定されており、達成基準がわかりやすい
・コミュニケーション能力が向上しやすい
・希望するブランドに必ず配属できるわけではない
社風・社員の雰囲気
・変化の早い会社で、時代に合わせてやり方を変えていく
・どうしても店長の立場が強くなりがちな所はある
・配属するブランドによって雰囲気は異なる
事業の評価
・大衆向けブランドが多く老若男女に受けがよい
・値段がリーズナブルで買いやすさも魅力
・ブランドの個性が弱いところがデメリット
残業の多さ・休暇の取りやすさ
・以前に比べると残業時間は減ってきた
・店長になると休日出勤が発生する場合もあり
・閑散期であれば長期休暇も取ることも可能
子育て・女性向けの制度
・女性が多い会社のため、女性にとって働きやすい会社
・育休・産休は取れやすく、家庭との両立は可能なことが多い
・販売職など忙しい仕事もあるため、体力的にきつい場合はある

給与・ボーナス・福利厚生

年収は残業・賞与込みで400万円~1200万円という意見が目立ちました。

管理職(店長)の方は年収が高い傾向があり、1000万円を超えることもあるみたいです。

昇給は年1回あり、社員グレードを上げることで給与レンジが変更されます。

基本給はそこまで上がらないものの、上位の役職に出世していけば高給が期待できると言えそうです。

残業代に関しては1分単位で支給されます。最近では残業に厳しくなっており、残業代で稼ぐことは難しいかもしれません。

賞与は業績次第ですが平均して基本給の3ヶ月分支給がされるようです。

キャリア・自己成長

1日ごとの目標が設定されていて、達成基準がわかりやすいというそうです。

達成基準がわかりやすいと、モチベーションアップにも繋がります。

人事評価の際もアピールしやすいと言えますね。

人と接する事が多いため、コミュニケーション能力が向上するという意見もありました。

ブランドの配属先は希望は出せるものの、必ず希望が通るわけではないようです。

希望以外のブランドに配属となった場合、異動するのはなかなか難しそうです。

運が良ければ好きなブランドに関われて、モチベーションアップにもなりそうです。

社風・社員の雰囲気

アダストリアは変化の早い会社であるといえます。

方針ややり方が変わっていく為、社員も常に変化することが求められます。

その分、どうしても店長の立場が強くなってしまうことはあるようです。

話しあって決めるより、1人が決める方が変化に対応しやすいということでしょう。

また、ブランドごとに雰囲気が異なることも多少はあるそうです。

他ブランドとの交流はそこまで多くなく、配属してからでないと雰囲気が分からないかもしれません。

事業の評価

アダストリアは大衆向けブランドが多く、老若男女に受けがよいことが強みです。

値段もリーズナブルであることが多く買いやすいのも魅力的です。

反面、個々のブランドに突出している部分がないことをデメリットに挙げている人がいました。

変化に対応していくことが得意な会社ですので、今後も改善しつつ発展を続けていくと推測されます。

残業の多さ・休暇の取りやすさ

アダストリア残業時間は以前に比べると減ってきたそうです。

大手企業のため法令遵守意識も高く、長時間の労働を禁止しているようです。

ただ、店長になると忙しい時期は休日出勤が発生することもあるようです。

その分店長は高給ですので、釣り合いが取れているともいえます。

閑散期であれば長期休暇も取ることができ、リフレッシュすることが可能です。

子育て・女性向けの制度

女性が多い会社であるため、女性の働きやすさに関して考慮されています。

育休や産休、時短勤務も可能で家庭との両立も出来ると口コミがありました。ですが、販売職に関しては忙しい人も多いようで、体力的にきついと感じる人もいるようです。

口コミを見たところ、出世に関して男女の差はないと推測されます。

女性でも管理職まで上りつめた人は多くいるようです。

アダストリアの将来計画と事業展開

アダストリアは2025年に向けた成長戦略を掲げています。

掲げている戦略は大きくわけて4つです。

  • マルチブランドで顧客の人生に長く寄り添う
  • 顧客接点、サービスを利用した価値提供
  • 世界を舞台に各地域と共創した価値を提供する
  • 楽しいライフスタイルを新たな事業とする

lotなどのテクノロジーも活用し、データ分析・活用を行うようです。

今後のアダストリアの動向にも注目していきたいですね。

アダストリアの転職者向け求人情報・待遇

アダストリア では中途採用を行っています。

ここでは、募集要項の概要を紹介します。

募集職種

アダストリアが中途採用を行っているのは以下の職種です。

  • ブランド系(オープンポジション)
  • グローバル系(オープンポジション)
  • デジタル系(オープンポジション)
  • コーポレート系(オープンポジション)
  • レディースアパレル
  • 生産事務
  • apres jour/WEB店長

公式ホームページでは、採用情報を確認することができます。

年収

年収の記載内容は情報元によってさまざまです。年齢や経験によっても変わるため、一律に〇万円とは言い切れません。

  • 公式HP記載の月給:前職の職務、経験などを考慮
  • 口コミでの年収:420万円
  • 転職サイトに記載の年収:500万円~1,000万円
  • 全体の平均年収(四季報より):413万円

アダストリアの場合、社員グレードを上げることで給与レンジが変更されるようです。

店長になれば高給が望める可能性が高いです。

労働時間

2019年の残業時間(平均)は約時間でした。

残業時間や休日日数は以下の通りとなります。

  • 残業時間:13時間/
  • 1日の労働時間:フレックスタイム制度 (コアタイム 12001600
  • 年間休日数:110
  • その他:育児・介護休暇・リフレッシュ休暇等あり

選考フロー

アダストリアにおける選考フローの一例です。

  1. オープンポジションでWEB応募
  2. 書類選考(オープンポジション)
  3. 選考ポジションでの一次選考(面接)
  4. 選考ポジションでの二次選考(面接)

アダストリアの面接対策・質問の傾向

過去の転職者は「ブランドに足りないと思うことは何か」「今日のコーディネートのテーマは何か」について聞かれたようです。

ブランドについての質問もあるようです。企業研究をして自分なりの意見をまとめておくことが大切ですね。

面接自体は始終和やかな雰囲気であることが多いみたいです。話術よりも一生懸命伝えようとする姿勢や、人当たりの良さが見られる傾向があります。

特に販売職の場合は、笑顔で明るい印象を心がけたほうが良いといえます。

アダストリアの企業情報を解説

企業情報

会社名
株式会社アダストリア
本社住所
〒104-0061 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 27F
代表
代表取締役会長兼社長 福田 三千男
従業員数
5,715名
売上高
2,223億76百万円
設立
1953年10月22日
上場
2000年12月12日東証一部上場

事業内容

アダストリアは、数多くのファンション専門ブランドを展開している会社です。

国内外で店舗数は約1,400個もあります。代表的なブランドとしては以下のものがあります。

代表的なブランド

  • グローバルワーク
  • ローリーズファーム
  • ニコアンド
  • スタディオクリップ
  • レプシィム

時代に合わせて柔軟にビジネスモデルを変更することで、1953年に設立してから長きに渡って活躍しています。

企業理念

ここでは、アダストリアの企業理念・企業文化を紹介します。

Philosophy / 企業理念

なくてはならぬ人となれ なくてはならぬ企業であれ

Culuture / 企業文化

答えを探し続ける、という答え。

過去の業績

※グループ全体

  売上高 営業利益 経常利益
2019年 2,226億円 71億円 73億円
2018年 2,227億円 50億円 54億円
2017年 2,036億円 149億円 151億円

グループ企業

アダストリアのグループ企業は以下になります。

グループ企業

・株式会社BUZZWIT
・株式会社エレメントルール
・株式会社ADASTRIA eat Creations
・Adastria Asia Co., Ltd.
・方針(上海)商貿有限公司
・愛徳利亜(上海)商貿有限公司
・愛德利亞台灣股份有限公司
・Adastria Korea Co., Ltd.
・Adastria USA, Inc.
・Velvet, LLC
・株式会社アダストリア・ロジスティクス
・株式会社アダストリア・ゼネラルサポート
・久恩玖貿易(上海)有限公司

アダストリアに転職するためのポイントを整理

アダストリアの特徴

  • 国内外で1,400個ものファンションブランドを展開している大手企業
  • 店長に昇格すると給与レンジが変更さ、高給が期待できる
  • 価格もリーズナブルな大衆向けブランドが多く老若男女に愛されている
  • 時代に合わせて変革を続けてきた会社、今後の成長も期待できる
  • 残業時間も減ってきており、場合によっては長期休暇も取ることが可能

【転職に関するポイント】

転職ポイント

  • オープンポジション、レディースアパレル 、生産事務などの募集を公式ホームページで行っている
  • オープンポジション以外は契約社員。正社員登用制度はあり
  • オープンポジションは「社会人経験3年以上」が応募要件

アダストリア の転職情報を扱っている転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

25万件という膨大な求人数を保有しています。全国展開しており、日本の主要な都市に事業所があります。近くに事業所があるか調べたい人はリクルートエージェントの公式サイトで確認ください。

もし近くに事業所が無くても電話での面談・相談が可能です。働きたい場所、希望する職種を面談時に伝えれば、希望条件に合致した求人を紹介してくれます。

トップクラスの転職支援の実績があり、蓄積された転職ノウハウが充実しています。ノウハウを活用した面接対策、職務経歴書の添削サービスも行なっています。

キャリアアドバイザーの質もよく、全体的にバランスの良い転職エージェントです。

アダストリア と他のアパレル企業を比較することも可能です。転職する時はまず登録しておいて間違いのない転職エージェントと言えるでしょう。

 

公式サイトで登録する
https://r-agent.com/

マイナビエージェント

20代・30代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手に強い転職エージェントです。

リクルートやdodaのような10万件を超える求人数は扱っていませんが、マイナビエージェントだけに掲載している独占求人があります。優良なベンチャーや中小企業の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

「キャリアアドバイザーが親身に対応してくれた」という口コミが多く、「おかげで書類通過率がアップした」という意見もありました。

転職が初めてで書類の作り方が分からない人、20代から30代前半の人におすすめの転職エージェントです。

 

公式サイトで登録する
https://mynavi-agent.jp

転職エージェントの選び方・利用時の注意点

1つの転職エージェントに依存しない。複数社に登録してリスク分散する

転職に成功した人達のエージェント利用数は平均で2.33社でした。

転職活動している人は大体2〜3社利用しているということですね。まずは気軽に何社か登録して、それから絞り込みする方法を取られているようでした。

逆に転職エージェントを1社だけ利用するデメリットは以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いとストレスになる
  • 紹介できる求人が無くなった時に手詰まりになる
  • キャリアアドバイザーの言う事を鵜呑みにする可能性がある
  • 転職エージェント自体の比較ができない

このような状況を回避するためにも、転職エージェントは2〜3社登録しておきましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントが違っても同じ求人案件に応募してはいけません。

求人案件そのものは1つだからですね。違う転職エージェント経由で応募すればチャンスが2倍になるという訳ではありません。

仮に重複して応募してしまった場合はどちらかの応募を辞退しましょう。

キャリアアドバイザーも人間(合わない人、仕事が遅い人も中にはいる)

転職エージェントの口コミ・評判を見ていると「キャリアアドバイザーが良くなかった」「キャリアアドバイザーに感謝!」など色んな意見が見られるかと思います。

これは「色んな意見があるのが正解」と捉えるのが一番良いかと思います。キャリアアドバイザーも1人の人間です。喋り方やアドバイスも人によって異なるでしょう。仕事ができない人も中にはいるかもしれません。

なので相性やハズレは稀にあります。「これでは転職できない」と思ったらキャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もしくは、他のエージェントを頼るのも1つの手です。このようなことがあるため、最初から転職エージェントを2〜3社登録しておくと良いでしょう。

学歴、職歴、スキルは嘘を書かない

転職・就職時は学歴、職歴、スキルの詐称はしないようにしましょう。

上記の詐称は刑事責任を追求されることは多くないようですが、民事責任(損害賠償など)を追求される可能性は大いにありえます。

転職したい!という気持ちが先走っても、法律に触れるような行動はしないようにしましょう。

不本意な求人を勧められた、転職を急かされたら勇気を持って断る

転職エージェントは営利企業です。

求職者と求人企業を繋ぐ仲介事業者です。仲介(内定)が成立したら求人企業から手数料がもらえるビジネスモデルですので、仲介(内定)を成立させた分だけ、売上が大きくなります。

なので、中には「希望しない求人」や「転職を急かす」キャリアアドバイザーもいたりします。ただ、転職はご自身の人生のターニングポイントであったり分岐点であったりします。一大決心が必要な人生の大イベントですね。

自分の中でよく考え、納得のいく転職を念頭に転職活動しましょう。

もし、転職を急かされたり、興味の無い求人を紹介されたら勇気を持って断るようにしましょう。

-企業の転職情報

Copyright© Show 職 , 2020 All Rights Reserved.